理解してくれる大切な人は必ずいる、一人で悩まないこと

環境づくりから

落ち込まないような快適な環境を作ってあげること

うつ病とは心の病気です「励ます言葉」とか「がんばれ」といった言葉は使ってはいけないと言われています、ではどう接すればいいでしょうか、大抵の人は困惑すると思います。そんなうつ病の人との接し方について記載したいと思います。 「励ます言葉」これがどうしていけないのかを説明します。励ますことで相手がどう感じるのかを想像してください。普通の人は励まされるとやる気に繋がり、頑張ってみようかと考えるものです。 しかし、うつ病患者の場合は「追い詰められる言葉」に聞こえてしまうそうです。結論を急ぐ言葉は相手を追い込む状態のようなものらしいので、責め立てるような言葉や理解したようなふりなどの接し方は、かえって逆効果になります。 以上の点からも周りがどうにかするのではなく、本人にとって快適な環境を作って「近くで寄り添ってあげる、見守ってあげる」接し方が重要になります。

うつ病を治すのにかかる費用とカウンセリングのお話

カウンセリングなどを受けることにより、うつ病の症状が緩和できたり、治すための薬が処方されたりもしますが、価格はどれくらいなのでしょうか。 あまり情報がなかったのでわかりませんでしたが、結構差が激しいので5千円前後から2万円までの価格の間でカウンセリングを受けたほうが良いとの意見が多かったです。 精神科にかよっている人であれば、一度先生に「カウンセリングも受けてみたいのですが」と相談すればカウンセラーを紹介してくれると思います。 その時に料金についても聞いておけば、価格面でも失敗することはないので遠慮せず恥ずかしがらずにまずは「相談」が大事です。 カウンセラーはうつ病患者との接し方も心得ているはずなので前述したような禁句も言わないでしょうし、患者家族へのアドバイスなどもしてくれると思います。 注意点は「あまりにも高すぎるカウンセリングや、無料で行うカウンセリング」等の怪しいと感じるものにはかからないようにしてください。

Copyright © 2015 理解してくれる大切な人は必ずいる、一人で悩まないこと All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com